おすすめ情報

お問い合わせはこちらまで!

当サイトは、外資系ITコンサルの概要や特徴、そして将来的なポジションについてご紹介しています。当サイトへのお問い合わせ・ご連絡等はこちらまでお願いします。

「フリーランス」を目指す

フリーランスという選択肢

外資系ITコンサルのキャリアパスのゴールのひとつとして、フリーランスという選択肢もあります。しかし、コンサルの仕事はクライアントとなる企業の明暗を分ける重要な判断を迫られる難しい仕事なので、フリーランスとしてやっていくからには高い能力を持っている必要があることは明白です。ITコンサルとして必要な専門知識は常に新しいものでなくてはなりませんし、高いマネジメント力や論理的かつ説得力のあるトークスキルも重要です。外資系ITコンサルティングファームで仕事をしていた経験があるならば、実力主義の厳しい世界で生き抜く努力をしてきたわけですから、フリーランスになっても十分に対応できる力がついているかもしれませんが、与えられたプロジェクトに取り組むのと自ら経営をするのでは責任の重さは必然的に違うということをよく理解しておかなければなりません。

フリーランスになるには

コンサル業の場合、必要となる資格は特にありません。ビジネスに役立つ資格をどれほどたくさん持っているかよりも実務的な能力の有無がとても大事なので、どちらかというと経験や実績をアピールした方がクライアントの心を掴みやすいかもしれません。しかし、実力がある上に資格もあれば、クライアントからの信用を得るための材料にもなるのでビジネスには有利でしょう。
フリーランスの仕事というと自分の時間を自由に使えるようなイメージがあるかもしれませんが、コンサル業の場合はかなりの激務になる場合も多いので、自分のペースでのんびりと仕事をするというわけにはいかない覚悟も必要でしょう。しかし、フリーランスになると自分が頑張った分だけ収入になるので、意欲と能力があるならば挑戦してみる価値は十分にあります。

IT系フリーランス案件なら「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスでは、有名企業からニッチな技術を求める案件までさまざまな案件を保有しており、その数は業界でもトップクラスとなっております。

>レバテックフリーランス<
「レバテックフリーランス」ではIT業界に詳しい専任のコーディネーターが、希望に合う案件の紹介から参画後のサポートまで徹底して行ってくれるので、どこから始めたらいいかわからないフリーランスにとって何でも相談できる頼もしい存在になるでしょう。

長期間の就業が可能な案件なら「キャリアEX」

キャリアEXは過去10年に渡り独自の販路を積極的に開拓し、皆様に満足頂ける案件を自らの足で探しています。

>キャリアEX<
「キャリアEX」で扱っているコンサル案件は、独自に開拓をして企業との信頼関係を築いてきたものが多く、一般的にはエンジニアなどの案件に比べると短期間の案件が多い中、キャリアEXでは長期間の就業が可能なコンサル案件も多いのが特徴です。

外資系のITコンサルを目指す方へのおすすめ記事