おすすめ情報

お問い合わせはこちらまで!

当サイトは、外資系ITコンサルの概要や特徴、そして将来的なポジションについてご紹介しています。当サイトへのお問い合わせ・ご連絡等はこちらまでお願いします。

「マネージャー」を目指す

ITコンサルが目指すゴール

ある程度のキャリアを積んだら転職することが多いのが、外資系ITコンサルという仕事です。転職をするならば当然ステップアップという形にしたいので、経歴として誇れる役職についてからにしたいと考えることでしょう。そこで、ITコンサルがまず目指したいゴールになるのがマネージャーです。マネージャーは、プロジェクト全体の取りまとめ役としてクライアントとの折衝、プロジェクトの管理、予算の管理などを行います。ひとつのプロジェクトが開始されると部下を適所に配置して全体を引っ張っていくので、的確な判断力や決断力と強いリーダーシップが求められる責任ある立場となります。その下のコンサルでもかなり仕事はハードですが、マネージャーになるとさらにハードになるので、いろいろな意味でのタフさが必要ですがその分やりがいも多く、仕事を通じてさらに自分を強くしていくことができます。

マネージャーに必要なこと

コンサルとしての仕事がいくら優秀でも、マネージャーになって立派な成果を出せるとは限りません。コンサルは一般企業でのポジジョンに例えると一般職ですが、最初からかなり自立した立場で主体的に仕事をしなくてはならないので、それぞれ自分の考えとビジョンをしっかりと持っています。また、必要とあれば自己主張もはっきりと行うことができる人材ばかりが勢ぞろいしている環境で、皆が一般企業の中間管理職のような雰囲気すらあるような世界です。その中でさらに上の立場のマネージャーとしてメンバーをまとめていくためには、並大抵のリーダーシップではチームをひとつの方向へと導くのは至難の業と言っても過言ではありません。
コンサル業のマネージャー職は会社の地位としてはそれほど高いものではなく、役職としてはさらに上がまだまだあります。しかし、マネージャーになると管理職としての経歴が付くことになるので、この経験を経て転職という流れになる人も多いようです。もしさらにその上のキャリアを目指すとなるとそのハードルは一気に何倍にも高くなり、高い能力とビジネスセンス、また英語力もかなりのレベルが必要になります。

コンサル業界の転職をサポートしてくれる「ムービン」

コンサル業界では転職は当たり前なので、中途採用にはどこも積極的です。しかし、コンサル業界への転職は一般企業への転職に比べるとかなり工程が複雑なので、自分ひとりの力で転職を成し遂げるのはかなり大変です。

コンサル業界情報をはじめ、より整理させた職務経歴書、ファーム別・ポジション別に深く落とし込んだ志望動機のポイントや、ケース面接対策などのアドバイスなど転職にかかわるすべてをサポート致します。

>ムービン<
人材紹介会社の「ムービン」はこのようにコンサル業界への転職に特化したサポートを行っている専門エージェントで、その高い実績から多くの人の信頼を得ています。

コンサル分野の求人に特化した「コンサルティング転職ナビ」

コンサルティング分野に特化することで専門求人案件を幅広くカバーしているので、希少な求人案件もご紹介することができます。

>コンサルティング転職ナビ<
転職サイト「コンサルティング転職ナビ」は、上記のようにコンサル分野に特化しています。求人がジャンル毎に細分化されているので仕事を探しやすく非公開求人も豊富に保有しているので、転職を考えはじめたらまずは相談してみることをおすすめします。

外資系のITコンサルを目指す方へのおすすめ記事